読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎命の根源・波動(ことば)を守れ◎

 

 

(波動について)

 

波動とは、すべての事象、万物の、すべての元なり。

波動によりてことばも生まれ、波動によりて命も

生きなん。波動を損ない、衰えぬれば、命も絶えて、

生は終わりぬ。

全ての元の波動を守り、高め強めて、さらに浄めば、

命は永らえ、病も治らん。  

波動の元はことばにも、光にもなり、力となりて、

伝え広がり、全てを浄めん。浄める元は波動に

あれば、人は守れよ、命の根源。波動も光も、

ことばも全てを。ことばを汚すは波動を乱し、

この世を乱して滅ぼさんとす。

正しき波動、清き波動は、全てを育み、癒しと

なるらん。


 

 

波動を乱し狂わす者は、やがては己の命さえも、

傷つけ、弱めて、失いなん。

なればこそなり。ことばを正し呼吸を整え、

軽やかにことばを発せよ。

神の呼吸の乱れなき、正しき清き、高き波動に、

共に相和せ、唱和せよ。

神の波動は太古の昔の、神のことばのそのままに、

清らに、流るる如く、留まることなく、一息に。

なれど、終わらぬ、絶えぬ流れよ。

神の鼓動を聞けよ、心に。心の奥の魂に。

神の鼓動は平らかに、少しの乱れも狂いもなくば、

時の流れを刻むが如くに、時々刻刻と時を進まん。

神の太古の波動に合わせ、波長を整え、息を整え、

神の波動に共振し、共に振るわせ、共に鳴りなん。

神の神世の古き昔の、人の現わる遥か以前の、

地球も星も生まるる前の、空間一つに虚空に現れ、

そこにひとつの波動が生まれ、波動は広がり、

空間揺るがし、波動を与えて、生が息づき、

原初の生命、命となりぬ。

 

 

命は肉体、形を持ちて、やがて万物万象となる。

神の経綸、神策なれば、神の創りし全ての生は、

互が互を補い合いて、全てで一つの大生命。

一つ一つが高め合い、強め合いぬるように

仕組まれ、互いの命を互いに守る、

さなる一大循環体。

今の地球の上にて起こる、勝手な暴走、狂乱を、

神は憂いて、正さんとする。

やがては宇宙の全ての波動に、乱れ狂いが

広がらば、宇宙は消滅、壊滅せんを。

今の人間、ことばを乱し波動を崩して、省みぬ。

愚かな妄想、幻想に、真理を失いさまよう幽鬼よ。

今この時に、波動を高め、地上を浄める仕組みを

起こさん。人は気づかず浄められ、心も高まり

救わるように、神は多くの仕組みを起こさる。

 

 

人の心を、魂を、清き波動に振るわさば、

必ず戻らん、神の波動に。神の波動を取り戻し、

神のことばに調和せよ。神の尊き息吹を感じ、

神の畏き御魂にあずかれ。

神の易しき、温かき、命の鼓動を受け止めよ。

神の正しきことばにならえ。

神のまばゆき光に浴せ。神の御心そのままの、

神世のことばを今こそ地上へ。伝え教えん、

神のことばを。御霊奉れよ。斎き守れよ。

神の波動と呼応せんよう、御霊浄めて、高めて

ゆけよ。

 

 

古代の人の祭りし如くに、御霊浄める儀式をなせよ。

神を奉りて祝詞をあげてあまねく神に感謝捧げよ。

祝詞は「ひふみ」と 「いろは」でよからん。

人の誠のこもりなば、神は受け取り、祈ぎて祈らん。

祈りと祈りの共振は、互いに高めて、波動を広げ、

やがては全ての人々の、魂癒して、言霊となる。

言霊広がり、光の如くに、地上の乱れを全て正さん。

 

 

物質文明、終わりとなるらん。

精神文明、霊文明、言霊栄える世とならん。

この世の終りは神世の始まり。次なる御世へと

つながりゆかん。言霊伝えて、幸うように、

人よつなげて広げてゆけよ。

 

 

一大円環、環は終わりなく、始まりのない無限を

表す。無限の時の流れは終わらず、途絶えず

回らん。回りて止まらん。

回りて見えど、止まる如くに。止まりて見えど、

回るが如し。回りて回りて進むが如く、なれど、

止まりて戻るが如し。無限の時の狭間に生まれ、

死にても再び生まれ変わらん。 己の生も繰り返し。

再生転生、復活消滅。

巡り巡りて、流れを超えて、円から外へ、

次元を超えてやがては昇華し、

全能なる神の奇跡を我がものとせん。

円の循環、宇宙輪廻の、次元を超えし神の奇跡は、

無をも有とし、有をも無とせん。

全てが一つの裏表なれば、一つを得る者、全てを

得なん。全てを得るか、失うか。一つしか無し。

全てか無か。

一つの真理に定められ、一つの原理に動かされん。

この世の全てを知らんとせなば、まずは一つの

全てを知れよ。

全てが同じ、理(ことわり)なれば。全てに例外、

偶然は無し。一つの真理を我がものとすれば、

全ての奇跡も奇跡にあらず。 

人の人知に解かんとし、人の限界越え得ぬ人よ。

まずはあきらめ、自由となれよ。ことばの自由を

取り戻し、ことばを遊ばせ、甦らせよ。

物質世界の不自由になき、精神世界の無限を

手にせよ。

次元の上昇、魂昇華。計算打算で果たせぬ業よ。

金にて買えぬものもあり。知恵にて解き得ぬ

神秘あり。学にて作れぬ命もあるらん。

全ての不思議を受け入れよ。他に何をし、何をか

悟らん。

全てが人の都合にて、動くとあなどる浅はかよ。

まずは下座して、神を尊べ。おごりを捨てなば

自由は得られん。おごりも力みも捨て去りし時、

心は羽ばたき、解き放たれん。自由の内にて、

魂振るえ、光を放ちて、共振始めん。

神の波動に合い易き、軽く清らな魂とならん。

波動は広がり、ことばも変えてゆくなり。

   

 

 

 地上の乱れを正す波動「いろは」「ひふみ」


「いろは祝詞


いろは  にほへとち りぬるを(wo) わかよ

たれそ   つねならむ うゐ(wi)のおくやま

けふこえて  あさきゆめみし 

ゑ(we)ひもせすん      

 

    

「ひふみ祝詞


ひ ふ み  よ い む な や こ と も ち ろ ら ね

し き る  ゆ ゐ(wi)つ わ ぬ   

そ を(wo) た は く め か う お え

に さ り へ て    の ま す あ せ ゑ (we)

ほ れ- けん

 

※3回続けて宣る

 ひい ふう みい と読む

    DSCF0748いろは.JPG

 

祝詞の唱え方)

最も大切なるは、人の心の清浄さ、

なれば、よからぬことを思わず、健やかなるを心がけ、

声も澄みてやわらかに、清らに響く声にて唱えよ。

言霊なるは響きなり。よき音色ほど波動も清く、

高く尊く清くあらん。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/