読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎ことばを浄め、心を浄めよ◎

 

 

神から人。神から人に、伝え、教え、導き、そして望み、祈り託せし、

もの、こと、そして今日、人が使うを許されしそのことは、即ちことば、

ことのはなり。なれば、人の思いが低からば、そのことばは汚(けが)れ、

淀(よど)み、思いの低さをさらに低めるものなり。人の思いに左右され、

人の思いを左右する。なれば、ことばを大事にせずは、人の思いは、

いつまで経ちても、いつまで行じても、何の昇華、精進ならず。むしろ、

ことばを使わず、体を使い、何の思いもなく生きる、動物なるがまだよかり。

なればことばを使う、よくよく心を磨き、心戒(いまし)め、

ことばの意味を大事にし、すべての汚れを浄めるよう、全ての澱(おり)を

禊(みそ)ぐ、己自身の努力が大切。欠かせぬ行なり、それのみなり。

悪しき思い、よかれぬ考え、己中心の願い、さなる欲望願望潜めし者は、

必ずことばに汚れあり。乱れあり。卑(いやし)き念を放つるものなり。

なれば己を磨く、魂磨く、そのためには、よきこと思い、よきこと考え、

よきこと望み、他を思いやれ。人の幸福祈る思いに、汚れ、卑しさ、

曇りなし。

 

 

神は全てをご覧になられる。人の思い、人の行い、人の姿、形を通し、

人のことば、人の心、人の魂、全てを照らし、明らかにさる。

なれば人は、逃げも隠れもできぬなり。表に現わることば一つにも、

些細(ささい)な行い、態度にも、思いの全てが現れる。

人の行い、言動に、魂込めて浄(きよ)めるべし。行い、言動、

日々の生活、全てを通して行(ぎょう)を積め。始めにことば、挨拶あり。

終わりにことば、挨拶あり。始めと終わりを大事にせよ。

ことばにはじまり、ことばに終わる。なれば、人の挨拶大事にせん。

人は己を大事にせん。さなるように、ことばを大事に、意を用いよ。

 

 

ことばを乱す、今の人全て、ことばの意味を取り違え、意味を忘れ、

形を忘れ、音も響きも変化せり。音一つにも魂あり。文字一つにも心あり。

なるに、音も響きも、形も意味も、昔と変わり、残さる少なし。

人に許さることばを汚し、人の口より発せらる今のことばは、吠えるに同じ。

人の魂、低く堕ち、人の人たる魂失う。哀しきものは、神の祈り。

神の教えし、ことばは何処に。神の伝えし、人への思い、人への願いは

打ち忘れらる。人の幸い、和のために、使い初めて、神は喜ぶ。神は、人皆

全ての幸福のため、ことばを与え、使わせし。

 

 

なれど、人の思いの低きより、ことばは汚され、毒となる。刃となりて、

人を傷つく。今一度の反省を。神にお詫びし、許しを乞わん。  

人の思惑、勝手な解釈、分からぬことばを作り出し、過(あやま)ち用いて

乱れを深める。次に残るは、汚れのみ。過ちのみの、音、形。

次なる人に伝わらず、次なる人は、さらに汚れん。ことばの毒に犯されて、

魂、汚れ、救いなし。

人は、一人一人が思うべし。語るべし。行うべし。人の思いの一つ一つ、

人の行い一つ一つ、積み重ぬれば、世は浄まらん。なれば、一人の行い、

ことば一つも大事にせよ。一人と思わず、全てと思え。全ての一部、

なれど、重き一部、部分なり。一部に乱れ、狂いがあらば、全てが動かず、

壊れ始むる。なれば、己のみ役、責任重し。一人の怠(なま)けも許されず。

なれど、怠ける者多し。 

 

 

さにて本日伝えし事、行の始めのことばの浄め、心の浄めを、教え、伝えし。

一人の業が全てに通じ、全ての祈りがこの世を変えゆく。なれば、己の苦労、

日々の努めも、その一端なるを心して、全てに役立つことを思え。

己一人のためならば、怠け、休むも、一人の問題。全ての行は、己一人の

ためにあらずを、気づかず、悟らず、行わず。なれば、気づかせ、導く必要あり。

ことばを浄める、その元の、心を浄め、育てる大事。生まれ落ちても、

ことばがなくば、人は育たず、成長せず。人とならざる獣(けもの)なり。

ことばを返せよ、神のことばに。ことばを戻せよ、始めの神のことばに。

神はことばを、ことばの意味を、再び気づかせ、悟らせるため、

人を用いて、伝えるなり。伝える意味を変えることなく、人の解せる

文字にせよ。神は祈らん、人のことばを、曇りを祓いて、高めゆくを。

神は願わん、人の心を、浄め禊ぎて、輝かするを。

 

 

  

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 
「神から人へ(上)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/