読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎覚醒せよ・最後の審判の前に◎

 

神から人へ、人から神へ。

次なる事象、次元(上昇)の前に、多くの人の働きと、思いの高まり、

調和を広げよ。一人一人の働き、行い、全てに神の願いはこもれり。

人の遅れ、地球の遅れ、進化の止れる原因は、全ては人の心の奥に、

眠れる遺伝子、記憶の底の、神とのつながり、太古の結びを、

人の多くが忘れ去り、自ら離れし結果なり。

人は本来 霊的生き物。神と御魂(みたま)の最も近き、神の似姿、

分け御魂なれ、神の心を分けられて、神の慈愛を授けられ、

神の光に浴して生きる、最もめでたき、栄えある命。

なれば人は感謝の心で、神への思いを忘れずに、神に近づく努力を

惜しまず、神のご意図に添うを望まば、地球の自然に自(おの)ずと

呼応(こおう)し、宇宙の息吹に感応し、天の意に乗る道をたどらん。

なれど人は、堕落、退廃。神から離れて漂(ただよ)う命は、

行き先もなく、当て所もなし。何に向かいて、生くべきか。

何を求めて進むべきか。迷いの果てに行き着くは、くだらぬ幻想、

妄想、絶望。神に戻りて、元に返せよ。元に戻るが進化の始め。

迷いて進みしあやまちの道。元に戻るが、最初の一歩。

人が神に戻りなば、心の扉を開きなば、神の世界は人へと開かれ、

今の遅れも取り戻されなん。過去に重ねる罪も穢(けが)れも、

人の改心悔悟(かいご)にて瞬時に消えて、禊(みそ)がれなん。

人の進化を妨げし、低次の発展、繁栄は、もろくも崩れ、

儚(はかな)く消えなん。真(まこと)の進化を、栄えを見つけよ。

 

 

御魂の奥の底にある神への入口、神への扉。人が、何千何万年と、

開かず、叩かず、閉ざせる扉よ。目覚めを待ちて、今このとき、

人は己の扉を叩かん。

気づかぬ者も、悟らぬ者も、目覚める人の後に従い、知らずに

起こされ、目を開かれん。人の進化は全体のもの。

全てが共に目覚めるもの。人が一つの命に結ばれ、神の前にて心を

合わせ、祈りを捧げ、敬虔(けいけん)となり、神の世界の現れて、

この世に神の降臨(こうりん)するを、素直に信じ、願うとき、

必ず人は進化を進め、次元を上げて、羽ばたかん。

 

 

人の遅れは、心にあり。御魂の進化を蹂躙(じゅうりん)せるは、

心の奥に押し込めし、霊なるものへの無知からなれば。

人の真の知恵に目覚めよ。霊なるものへと目を向けよ。人が万物、

生命の、最も高き霊長ならば、その名に恥じぬ 命を生きよ。

人の備える、能力、叡智(えいち)。物質次元に留まることなく、

力の限りを試すべし。

 

 

霊なる次元に段階あり。最も低き段階は、物質世界に終わるもの。

なれど人の可能性、霊なる力に限界なし。あると思うが限界の墓。

地上世界もいまだに低き、物質世界の次元なれ、人は己の能力を、

十二分にも発揮せず、戦い、争い、殺し合う、野蛮の世界を

逃れ得ぬ。霊なる者の自覚を持てよ。人は尊く、高き者。

自ら貶(おとし)め、卑(いや)しめし、神の御魂に詫びるべし。

神の御魂に適(かな)えるを生を、求め、ひるまず、歩むべし。

進化の道は遥かなり。単なる肉体、知能に終わらぬ、霊の進化の

道なれば。先ずは自覚を、覚醒を。さにて。

 

  

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP 

 http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/
大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/