読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ 「新しい次元 ミロクの世へ」

 

神から人へ人から神へ。

多くの教えと役割を終え、人に慈愛の輪を広げ、

神のみ役を充分果たし、その後神の祝福と、ねぎらい賜り安らげよ。

まだまだなされぬことの多く、まだまだ足らず、神への奉仕。

神の願いを叶えゆけ。一つ一つを大切に。一歩一歩を急がずに。

必ず一歩を一段を、踏みしめ乗り越え、先回りせず、

今ある己の位置を確かめ、己の目指す方向見極め、見失うなく、

ただひたすらの精進努力。忍耐、辛抱、鍛練、精進。

ただに望むは人類の、全ての救済、全ての気付き。神への報恩、感謝の徴。

己の禊ぎを苦労と思わず、与えられし恵みと感謝し、

さらに禊ぎの艱難喜び、さらに大きく昇華せよ。

 

 

今の世にある 多くの人の、迷える魂、悩む魂。

尽きぬ悲しみ、絶えざる恨み。不満と愚痴と責任回避。

人への要求、期待は大きく、自らなすは手抜きの奉仕。

自ら求めて動くことなく、人の指示にただ従う。

自ら考え働くになく、人に追従、世に盲従。

自ら失い、自ら離れ、自ら捨てし心の自由。

囚われ、縛られ、盗まれて、いまだ気付かぬ貧しき心。

心の富をば軽んじて、物のみ追いかけ、欲に沈みぬ。

溺れし後にも惜しむは物質、金銭、財産、名誉に地位。

今の緊急危難のときにも、いまだ求めぬ最期の救い。

崩れし城に立てこもり、炎に包まれ、まだ戯れる、愚かな民をいかに救わん。

壊れし屋根にて雨を避け、破れし窓にて風を遮り、まだしがみつき、

目を覚まさず。足元に寄る死の影さえも、腐れし目にはバラ色に見え。

愚かにのんきに宴に享楽。目をばそむけて見まじとし、己を酔わせ、

心を麻痺させ。哀れな最期の終末のとき。

いかに救いの手を差し伸べど、愚かをまとい、逃れんともせず。

自ら道を切り開き、道なき地にも道を創れよ。橋なき川にも橋を架けよ。

この世の地獄を逃れて惑う、哀れな衆生を救えるように。

罪を逃れて、危難を排し、神のご縁に結ばれし者。

それら残され選ばれし、最期の人類、御霊を救わん。

自ら離れて遠ざかり、自ら避けし縁なき物は、これより後には

救う能わず。自ら切りし神との縁なり。今早 結べず、つながれず。

これより後の歳月は、ただに縁ある者をば導き、神との縁を

深めゆくこと。神の存在、実在を、知らしめ伝えて信を深めよ。

 

 

御霊を磨き、魂浄め、さらに高めて清らかにせよ。

己の心を魂を、神の心に適うよう、神のお役に立てられるよう、

いつ死に戻り、帰りても、恥じることなき魂にして、神の前にて示し表せ。

神の前にて、臆することなき、つくろうことなき、潔き、

清き御霊を明らかにせよ。明るき光に照らされて、さらに輝く魂なれよ。

神のことばを素直に聞きて、素直に信じ、素直に動く。

神の前にて無心に働き、無邪気に喜ぶ、無垢なる魂。

 

 

神はそなたに示し給う。そなたに知らせて、教え給う。

そなたの後のみ役を伝え、今日ある意味を悟らせん。

そなたのこの世に残されし、生をば生きて、全うせよ。

後の世のため、人のため、次に生まれん子孫のために

神の教えを素直に守り、人にも伝えて残してゆけよ。

残り少なき人生なり。限られ短き生涯なり。

なれどこの世に生まれし意味を、よく噛みしめて意味を悟らば、

命は無限の光に満ちて、人知を越えしことをもなさん。

神の慈愛を一身に受け、力を賜りさらに高めん。

神の賜る光を浴びて、自ら浄まり高まれよ。

 

 

人への救いも、可能となるらん。心も癒して、慰めとならん。

心を潤し、心を満たし、安らぎ与えて、憩いとならん。

全ての人の飢えし心は、神を求めて、さまよえり。

光を求めて、さすらえり。神を求める心の旅に、終止符を打ち、誘えよ。

今日までの永き旅路に、最期に灯せる、救いの灯火。

最期に奏でる、慈愛の調べ。優しく包み、抱きゆかん。

しかと受け止め、守りゆかん。手をば離さず、導きゆかん。

天上界の神の世界は、全てを待ちて、喜び迎えん。

愛しき子らの生還待ちて、神も永きを忍びてこしを。

自ら教え導きし、神それぞれの導き子。

間違い迷いて、時間はかかれど、無事に戻りてめでたく再会。

神の祝いを受け取れよ。神の恵みを賜れよ。再び苦労に出会いても、

必ず自ら立ち直れ。神を失い、見捨てるなかれ。神を罵り、侮るなかれ。

 

 

人それぞれに与えられし、神との縁を離れなば、これより後は結ばれず。

自ら努力し、求めども、人の力に叶わざる、神のみ可能な縁結び。

さらに神の力は強まり、ますます人の意向は適わず、神の仕組みは

強まりゆかん。人も素直に、己を任せ、神のご意図に委ね預けよ。

人間心の正義や成功。それらは下らぬ低き次元の、古き前世の遺物に過ぎず。

新しき世へ移りゆく、過渡期の混乱、そも今しばらく。

しばし待たれよ、耐えて忍べよ。今にも終わりは訪れん。

次なる世代の人類地球は、出番を待ちて控えおるなり。

次にこの世に降り立ちて、新しき世を、神の世を、この世に顕し実現せん。

準備の整い機の熟しなば、新しき世は一瞬に、この世は現れ入れ替わらん。

一瞬なれば、苦しみなく、痛みもなくて、混乱もなし。

整然として秩序は保たれ、人は冷静沈着に、己の魂、次元に分かれ、

それぞれの世界に帰りつくなり。

この世の住み分け、立て分けは、かくも順調、滞りなく、

神の定めし経綸どおりに、進み運びて、終わりなん。

なれば、今しばらくの準備のときを、神を手伝い、耐え抜けよ。

 

 

苦難もあらん、辛苦もあらん。悲しみ、悩み、不遇のときも、

全ては神の願う方へと、向かう途上の避け得ぬ過程。全てが終わりて

振り返りなば、そこには神の光溢るる、最も尊き恵みと知らん。

神はさらに求め祈らん。子らの生還、救済と、縁ある人の増えゆくを。

一人が救われ、導かれなば、必ず裏には何千の御霊も救われ、

導かれなん。一人というは見かけのみ。物質次元の救われし数。

なれどそこから救われゆくは、あらゆる次元に惑い苦しむ 無数の親類、

縁者の魂。一人を救えよ。導けよ。諦め投げ出すことなかれ。

見捨て、放棄し、離るるは、神への裏切り、冒涜と知れ。

神も最期の最期まで、一人を救い、導かんと、努力を惜しまず、

機会を捕らえ、最善を尽くすなれ、人も倣いて従えよ。神の努力に近づけよ。

己の力を限定し、境界作らばそこにて終わり。無限を祈らば不可能はなし。

 

 

有限世界に留まるは、物質次元の、人の浅知恵。

神の英知は愚かなまでに、無限を信じて、叶わざるなし。

神の恵みは無尽なり。神の力は無限なり。

神の力を賜らば、人も不可能、限界はなし。神に頼りて預けなば、

人は己の限界を超え、人知に測れぬことをもなさん。

全ての恵みは神のため、神のおかげと感謝せば、人は神の力を授かり、

神の望まる奇跡をなさん。神から人へ授けし恵みを、神に返せよ。報いれよ。

神のご恩に報いるためには、神の手伝い、それあるのみ。

神の恵みを倍にして、神に返すが至高の幸い。何にも優る神の祝福。

神と共に歩める幸を、人は真摯に喜ぶべけれ。

 

 

不満も不平も、神への冒涜。傲慢不遜の極みなり。

神への謙虚な感謝の思いは、いかなるときにも不平を漏らさず、

ただ営々と生を営む。神への思いは必ず通じ、神の心に適いなば、

いかなる願いも実現せん。信じ、迷わぬ者のみが、手にせる神の栄光なり。

神の恵みは純粋な、偽りのない真っ白な、虚飾も見栄も虚勢もない、

裸の無垢なる御霊に与えん。神の恵みを賜りたくば、心の汚れを取り去れよ。

無駄なる迷いを取り除けよ。全ての無駄は、執着の元。囚われ、迷いの

根源なれば。全てを委ね、預けるためには、この世の迷いは妨げならん。

この世の未練は、足枷ならん。全てを外し、自由となりて、神の意のまま、

思いのままに、自由に翔る魂となれ。

 

 

  

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP    
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/