読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎輪廻転生・この世は修行の世界◎

 

(輪廻転生についてお教え下さい)

では教えん。仏教世界のことばなれど、その元、根源、神仕組み

なり。神の定める法則は、人の魂 浄めんために、さらに高めて昇華の

ために、幾多の困難、禊(みそ)ぎを与えて、さらなる高き魂にする

こと。なれば、この世に魂浄め、十二分にもみ役を果たし、よくよく

神に仕えし者は、次なる世には、昇華許され、さらにみ役を高め

課せらる。なれど、至らず間違い犯し、多くの罪を浄め得ぬ者、

さなる魂犯せし者は、次なる世には落とされて、きつき禊ぎを

課せられん。なれど、人の魂は、本来神の分け御魂(みたま)。

なれば、再生、転生も、人の命に生まれ変わり、動物植物、昆虫に、

変わりて生まるることはなし。なれど、多くの罪残し、人の命に

あがないきれぬは、人の魂備えしままにて、動物植物、転生させん。

 

 

さにて元より動植物なると、異なる魂、み役なれば、神は厳しく

鍛えられ、魂磨きを命じられん。本来神は、人は人、異なる魂

み役を与えて、作りて育てしものなれば、輪廻といえども、動植物に

生まれ変わるは、誤りならん。なれど、時には、あり得ることなれ、

人は戒(いまし)め、慎み生きよ。人の最も大切なるは、魂磨く、

そのこと一つ。なれば人間繰り返し、残せし霊行、再び課せられ、

魂浄めることを望まる。動植物には動植物の、み役もあらん。

役目もあらん。なれどそれらの魂は、神とは異なる魂なれば、

本来汚れることなき魂なり。なれば禊ぎも課せられず、ただに命を

全うするのみ。さにてそれらは十二分に、神に愛でられ祝われなんを。

人間のみが魂汚し、己を貶(おとし)め、逆らうもあり。神への感謝を

忘るるもあり。なれどそもまた人生ならん、禊ぎと霊行繰り返しつつ、

過ちあらば、正されて禊ぎを賜り、救わる魂よ。ありがたからずや、

神仕組み。自ら禊げぬ魂さえも、祓い浄めて、高めんとさる。

神の前にて素直になれよ。神の前には赤子と同じ。何も成し得ず、

生きられず。なれば神には感謝それのみ。なれば、人は再生すとも、

必ず祝われ、高められ、尊き生を生かさるらん。

 

 

(人間の目にいかにも幸せそうな人、何不自由なく、恵まれている

人は、禊ぎも軽いということでしょうか)

さにあらず。恵まれ苦労なきに見えども、それぞれに労あり、悩み

あり。おのおの見合いし霊行あらん。自ら禊ぎて、高める者は、

神は恵みを賜らん。なれど、逃れて易く生きるは、きつき禊ぎを

課せられん。その魂に汚れが深く、容易に浄めて高め得ぬ時、神は

禊ぎて、苦難を与え、人の精進努力を課すなり。なれば、人は、

己の不足、欠けたることを、気づき悟らん。禊ぎの意味を深く知り、

努力を感謝し、喜ぶ心。さなるときこそ、禊ぎは軽く、神は導き、

光で愛でなん。神への感謝を目覚ませよ。生あることを尊べよ。

さなりて人は昇華して、神本来の魂へと返り、真のみ役を賜りなんを。

その時までの精進努力。人の魂 充分浄めて、神のみ役を果たし得る

まで、よくよく浄めて高めるべけれ。 

 

 

神のみ役は容易にあらず。魂汚れて曇りし者は、神の手伝い、果たし

得ぬなり。神の御心、適(かな)う能(あた)わず。なれば、禊ぎを自ら

求めよ。恵まれし今に留まるなかれ。なれば再生、復活せし時、

神はさらなるみ役を与え、神の手伝いさせんため、この世に下ろして

使われんとす。現界のみの幸不幸。神への感謝にあふるる者は、

虚飾の富や名声に、惑うことなし。だまさるるなし。人の根本、

真の富を、豊かな心に培(つちか)い育てん。神への感謝を胸に育み、

自ら禊ぎを求むる者には、神はさらなる幸を与えん。さにて人は

輪廻すとも、再び人へと生まれ変わらん。人の御魂は、神の御魂よ。

他の生物、異なれば、生まれ変わるも人間ならん。 

 

 

(人間の魂が一番尊いのでしょうか)

さにあらず。全ては平等、同等なれど、人の魂、霊魂のみが、

神から与えて分けられなば、それ相応のみ役あり。霊行あるなり。

務めあり。そを果たさねば、神の御霊は、汚され落とされ、衰えぬれば、

禊ぎ与えて浄めざらば、やがては消滅、滅びてゆきなん。なればこそ、

神は救いて助けんために、禊ぎを与えて恵む。さにてこそ、神の御霊も

浄められ、さらなる繁栄、栄えてゆかん。この世の禊ぎも、あの世の行も、

全ては己の魂の、豊かな輝き取り戻すため。命の輝き、磨くため。

光り輝く神の光を頂き歓ぶ魂ならば、さらに栄えゆきなん。さならずば、

魂衰え朽ち果てて、闇に消えなん、消滅のみ。神の御霊を分かたれし、

最も稀有の幸いを、感謝し尊ぶ心を養え。神への不平は最も低き、

卑しき心の表れなれば、よくよく諌(いさ)めて戒(いまし)めよ。  

さにて、本日、再生転生、基本となるを教えしを。 神の心はあまねく

わたり、全てを動かす元の元。なればそを知り、悟るも必要。さにて

ようやく人として、まともの生を終え得なん。知らずに生きて果てる

不幸よ。憐(あわ)れみ、救えよ、全てを賭して。神の願いを実現させよ。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/