読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎地球の限界・環境汚染・食料不足◎

 

神から人へ。人から神へ。神への思いを高めてゆけよ。人間心の狭きになく、

広き愛にて、救いて行けよ。迷える衆生(しゅじょう)の多かれば、これから

後にも働けよ。人とのご縁を広げてゆけよ。知らぬ者との輪を広げ、さらに

強めて、結びてゆけよ。多くの人の努力と献身。そにより神は救いを許し、

最期の猶予を延ばしなん。神への祈りを高めてゆけよ。高き祈りの神へ届かば、

必ず神は唱和され、人の努力を喜ばれん。人の努力は何よりの、神にとりての

捧げ物。金銭物質、神は求めず。ただに望むが人の精進。なれば答えて示して

ゆけよ。真の献身、努力の姿を。さにて本日何を問うや。

 

 

 

(人口がこのまま増えてゆけば、地球の食物は不足し、大飢饉が起こると

思われます。そうした人口の増大を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか)

そもまた無駄なる問いならん。人口増加はめでたきことなり。なれど愚かな

人類の、勝手な欲望さらに増し、我欲の多き地上よ。人口増加に問題あらず。

人は我欲を無くせよと、自然の警告、通告ならん。一人一人が我を無くさば、

問題無し。問題なるは人の我欲よ。他を征服し、勢力伸ばさん。支配し破壊し、

領土を広げん。さにて地球の環境汚染、資源の濫伐、濫用浪費。

恐ろしきことは、さなる我欲よ。歪(ゆが)み狂いし価値観、基準。今の地上の

限界を、踏み越え、まさに絶滅の危機。なれば人口問題を、解決するは易き

こと。なれど難し、今のままには。神の警告、戒告を嘲笑、無視する者ばかり。

 人の増えなばさらに謙虚に互いに譲る優しさ必要。さなくばいつか奪い合い、

争い、相手を押しのけん。弱きを滅ぼし支配せんと、この世に残るは我欲の

強く、武力ばかりの亡者のみ。地球の最悪、最期の時なり。いずれも滅びて

何も残らず。住める自然も壊滅せん。

 

 

 

真の勝者は昇華(しょうげ)のみ。この世の勝者は敗者なり。魂汚して救われず、

気づかぬままにあの世に戻らん。なれば、地上の現界の、諸悪の根源、根幹は、

自ずと明瞭、明白ならずや。己の心の我欲を捨てて、真の正しき基準を持ちて、

神の前にて恥ずることなく、真摯(しんし)に生きる姿のみ。

さなくば、いずれは終わりを迎えん。そもまたやむなき人の選択、人の選びし

最期ならば、神にも救いは不可能ならん。人よ気付けよ。目を開けよ。

目前にある危機の時を。ただ何もせで果ててゆくや。それとも一人努力して、

救わる道を探るのか。

 

 

 

残されし道は一つのみ。他には無きを、何ゆえ悟らぬ。遅れて悟るも元に

戻れず。そのとき気付くも空(むな)し。人口問題、食料飢饉、全ては一つの

循環ならん。一つのみにて解決ならず。一つを正すは全てを正せよ。

一人二人の改悛になく、全ての者が悔い詫びよ。さなりて悪の循環断ちて、

善の波動に改むべし。今このままに堕ちゆかば、地上の地獄の現出せんを。

なればこの世を正すため、人の祈りを広げてゆけよ。 この先起こることも、

慌てず迎えよ、覚悟せよ。来たる最期の瞬間を、全人類と迎えるか、

それとも救われ、再生し、新しき世を築けるか。答えは全て、内にあり。

己の心を照らし見るべし。さにて本日人口問題、地球の救いを教えたり。

易しきことほど難しきもの。日々の行さえ続け得ぬ、弱き心が滅亡早めん。

 

 

                            2000年5月28日

 

  

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/
 

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/