読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎人類、地球を救う最後の手段とは◎

 

神から人へ、人から神へ。尽きない欲望、果てない憎悪。

人はこの世の終わりまで、真の英知を求めぬままか。人には多くの機会あり。

成長、気づき、学びに悟り。全ての機会を無駄にせず、何故さらに求めずや。

さにて本日、神の世界について、一部を伝えむ。

神の世界は次元を超えて、瞬時に移動し、全てを意識し、全てが意識の世界

なれ、宇宙は一つの体内の如。宇宙の意思は 遍(あまね)く満ちて、大地も、

水も、空気も、人も、あらゆる動物、植物も、宇宙の意思を表わすものなり。

なればこの世も神の世界、宇宙の意思の顕現(けんげん)せるもの。

神の世界は特別ならず。人の世界とつながりて、人も神の御心の内、神の心を

生きて表わす。高次の次元の宇宙の意思を、人はこの世の次元に映し、

この世の次元で神の慈愛を、物質次元に現象化せる。なれども神の、宇宙の

意思は、物質次元に伝わりにくし。人は各々勝手に生きて、己の欲に動かされ、

宇宙の意思も、神の慈愛も、地球の恵みも、忘れて生きる。

人は進化をするほどに、神の世界を遠ざかり、人の次元に心を奪われ、

尊かるべき霊性を、高める務めも放棄せり。神の世界は遠くにあらず。

全ては己の心の内に、神の世界を秘めしもの。本来ありし地球の自然は、

神の世界を現出せるもの。人は宇宙の、神の願いを、祈りを担う生命なれば、

最も神の世界に近き、宇宙の進化の粋(すい)ならむ。人の内なる聖なるものは、

宇宙の意思を求めて止まぬ。

 

 

なれど人は、知能を持ちて、大なる宇宙の意思を閉じ込め、目先の利益や

損得の計算ばかりに、奔走せる。神の世界に近づきたくば、ことばの使用を、

正すが始め。真の幸とは、豊かさとは、無くしてならぬ気高さとは。

ことばを持ちしその時より、人はことばの奴隷となりて、ことばに心を支配

されぬる。無駄な悩みや無益な嫉(ねた)み、無用の恐れの、全ての元は、

ことばの作りし幻なれば。神の世界に戻るには、ことばの奥の言霊を、

心の底に響かせること。時空を超えて、つながりて、心の奥の、内なる霊性、

そを目覚ますが、言霊ならむ。人の忘れし、信仰心、神を求める敬虔さこそ、

今の人類、地球を救う、最後の手段、方途なり。失われしは多くとも、

まだ間に合うと、人に伝えよ。希望を捨てず、未来を信じ、地球の復活、

再生を、人の心に呼び掛けよ。病みし地球を見守りて、人の真の改心を、

御魂の目覚めを待ち続けむ。神の世界は心の内より、人の目覚めを促さむ。

宇宙の意思は、人を生かして、宇宙の進化を、成就せむ。宇宙の意思は、

神の願いは、人が自ら霊性の進化を進める、そのことのみ。人の進化を、

神は喜び、その繁栄を祝わむと、そばにて人を導(みちび)かるる。

人も地球も、神も宇宙も、表われ方の違いのみ。人は次元の最も低き、

物質次元の生命なれば、なかなか宇宙の意思をわからず。

己の愚かさ、幼さを、知るが始めの進歩とならむ。神のことばを言霊を、

わからざるとも響かせよ。宇宙の意思は呼応せむ。聖なる目覚めが訪れむ。

先ずは言霊、それのみなり。さにて。

 

 


神の声を伝える人
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/