読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎最後の審判(次元上昇 )への心構え◎

 

神から人へ、人から神へ。多くの人の手を介し、人の力を集めつつ、

神の光を世に広め、神のことばを人に届けて、さらなる地球の

向上と、人の進歩の時は近し。なれば、人は恐ることなく、何の

迷いもわずらいもなく、神のみ光、力を信じて、ただこの時を、

今のみを、ひたすら地道に、無欲の心で、神のことばを一途に守りて、

外れることなき道を歩みて、ひたすら直ぐなる神への道へと、精進

努力の生を貫け。人間の目には変わらずとも、霊界仕組みは進みゆき、

人の世界の変化に映らぬ、進化変化を遂げるなり。なれば人は休む

ことなく、今の地位に甘んずるなく、己の御魂(みたま)の向上昇華を、

一途に帰依し任せる心で、迷い疑い、心配も捨て、次なる出来事、

生ずることに、心の準備を整えて、慌てず迎え、対すべし。

あせり、あわてる、心の乱れは、最も忌むべき心の構え。泰然悠然、

平らかに、心の勇み、騒ぎを鎮めて、己の課せらる霊行を、真摯に

行い、全うすべし。人は多くを欲張りて、出来ぬことさえ求めるもの。

なれどかえりて、なすべきことは、手を抜き、気を抜き、しくじる

もの。人は己に見合いしことのみ、神に許され、認められしことのみ

専念、行わばそれにて充分昇華せん。なれば、今は不安も不要。

あせらぬ日々を送ることのみ。変わらぬ教えもそのことなり。

人の心の奥底の、神を信じぬ疑い深さを、省み、戒(いまし)め、

正してゆくべし。次なる次元を迎えるためには、最も必要、不可欠の

こと。

 

 

疑う者は救われず。信じぬ者には手も伸ばし得ぬ。神の声も聞こえぬ

者に、いかに教えを繰り返せども、全ては無駄の徒労とならん。

なれば、今は、聞こえる者が、聞こえぬ者に伝えるべし。次なる世にも

残れるように、欲得、執着、頑迷を捨て、神の前にて素直なる、

無垢なる御魂に返るべしと。 一つの努力も無駄はなし。全てが波動の

蓄積となり、必ず地球を動かさん。地球の全てを覆(おお)うまで、

ことばの波動を行き渡らすこと。波動は広がりて、波紋のように伝わり

ゆかん。あきらめるなく、投げ出すなく、夢を失うことのなく、

希望の光に従いて、暗き道をも進むこと。そこそが今の人への願い。

神の祈りの全てならん。 さにて本日、今この世の現状を、平静、平穏、

平安に、見極め生きる要を説きし。いつの世にてもあせりは禁物。

いらだち急くも、ことは進まず。余計な乱れのもととならん。なれば

よくよく繰り返し、己の御魂に聞かすがよし。さにて。

 

 

 

◆神様の分け御霊である人間が 神性を取り戻す言霊 ◆

 

「ひふみ祝詞(のりと)」

ひふみ  よいむなや  こともちろらね  しきる 

ゆゐ(wi)つわぬ  そを(wo)たはくめか  

うおえ  にさりへて  のますあせゑ(we)ほれけん 

※3回続けて宣る   


「いろは祝詞(のりと)」

いろは にほへとち りぬるを(wo)わかよ  たれそ  

つねならむ うゐ(wi)のおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑ(we)ひもせすん 

  

 

  

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/