読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎言霊幸わう大和の国よ、世界平和の元となれ◎

 

 

神から人へ、人から神へ。

平和の祈りと思いの高まり、世界の波動を変えゆきて、

争い、諍い、全ての紛争、憎しみ、悲しみ。

全てをまとめて、浄め(きよめ)禊げ(みそげ)よ。

全てを祓い(はらい)て、元の平らな聖地に返せよ。

人は早くに気づき悟れよ。愚かな戦い、殺し合い。

次元の低さ、人の心の貧しさよ。

人類生まれて何万年、なれど、心の貧しさ、低さは、

文明とともに落ち果てて、ますます深まる我欲に我執。

何ゆえ、さまでに落ちぶれぬるや。

欠けるもの無きまでに、恵みも幸もあふれしまでに、

人に与えて余れる程に、全て渡りて充分ならずや。

なれど、他人のものまで侵し、他人のものも我がものとせん、

さなる卑しき心根性根は、はびこり巡りて、心を毒し、

魂までもむしばめり。

恥ずべき心も失いし、省り悔やむ謙遜もなし。

他人の責任、他人の罪と、己を攻めるは露もなし。 
 


 

なれど一縷の良心が、ひと握りほどの善人が、

神に向いて祈りを捧げて、今の地球を救わんと、

日々に祈りを世界に発し、天まで届けと励みしを。

さなる一部の少数なれども、尊き清き、汚れなき、

欲にまみれぬ誠の思いは、必ず地球を変えゆかん。

宇宙の波動に相和して、宇宙の波動と共振し、地球の波動を

高めゆくなり。あきらめるにはまだ早し。時には猶予あり。

祈れよ、高まれよ。己の波動は高まりて、宇宙の波動に高まらん。

 

 

ことばの波動は世界を回り、宇宙循環、運行に、

目に見えぬほどの力なれども、ゆるやかなれども着実に、

動かし働き、仕組みを起こさん。仕組みを起こせよ、動かせよ。

祈りは引き金、きっかけなり。

ことばの波動が力を発し、仕組みを誘う始めとならん。

なれば、日々に祈りを捧げよ。祈りを宣り(のり)て響かせよ。

宇宙の隅々、果てまでも、波動は拡がり、止まることなし。

なれば、ことばを、祈りを発せよ。よき言霊を発動させよ。

悪しき言霊、力を打ち消し、よき言霊に覆われぬるよう。  

 

 

今の地球に蔓延せる、憎しみ恨みの言霊を、

早くに消し去り、逆転させよ。まだまだ祈りは充分ならず。

清く明るき言霊を、優しき和みの言霊を。

まだまだ祈りは拡がりゆかん。祈りを捧げる人を増やせよ。

平和を望む者ならば、広げることは容易ならん。

平和を希求し、調和を望む。全ての人に可能な夢なり。

全ての人に共通の、人類普遍の祈りに戻れよ。

人の始めの祈りは平和。

争いのない、穏やかな、人と人とが協力し、互いの命を

助け合い守り合うのが始めの姿。

なれば、元に戻るべし。初めに返り、思い出すべし。

今失いし、元の祈りよ。

平かなりて、和やか(なごやか)なる、言霊幸わう大和の国よ、

世界平和の元となれ。争いもなく、いさかいもない、

人と人との睦み(むつみ)合う、理想平和を地球に築けよ。 

 

 

神の始めの祈りなり。人の世界を創りし始め。

祈りを込めて人を創り、人の御魂(みたま)に込められし、

神の祈りを忘るるなかれ。時経て移り、変わりても、

御魂の奥に眠りし祈りを、神の願いを忘るるなかれ。

神の祈りを目覚ませよ。神の願いを甦らせよ。

全ての人の魂の底、眠りし御魂に光を当てよ。

命吹込め言霊で。祈りの波動で揺り動かせよ。

感謝のことばで光を射せよ。清かることばで汚れを落とし、

優しきことばでぬくもり与えよ。

祈りのことばにこだわるなかれ。難しくなく平易のことばで、

それぞれに応じたことばを選びて、真心こめて語りかけよ。  

 

 

心を動かす始めがことば。祈りとなりて、伝わりゆかん。

心はことばに表るるもの。なれば、ことばに心をこめよ。

祈りのことばは光となりて、人の御魂に沁みゆかん。

ことばを改め、見直せよ。己のことばの一つ一つを。

一言一句に光あり。おろそかにせず、斎き(いつき)祝えよ。

ことばの全てに感謝捧げて、ことばの神に奉れ(たてまつれ)よ。

ことばを使える幸を尊び、功徳の思いを神に祀れよ。

世界平和の急がるる今こそ、焦り慌てる心を鎮め、

日々の祈りを欠かすことなく、ただひたすらに無垢なる祈りを。

神に向かい、人に向かい、全てのことばが祈りと悟りて、

平凡なれども飽きることなく、倦み疲れるなく、たゆむなく、

日々の祈りを繰り返せよ。 

 

 

人の命は繰り返し。変化のなきが幸いなり。

なれども努力を怠らず、一日一日(ひとひひとひ)を大切に生き、

最後に迎える死までの道のり、休まず歩みて、登りてゆけよ。

頂上までは遥かに見えども、知らぬ間に到達せん。

一人一人の命は尊し。死さえも尊し。意味のあり。

なれば死さえもありがたきもの。死をば恐れず、遠ざけず、

よき死を死にて悔いを残さず、己の生を楽しめよ。

人生の意味は最後にわからん。

死してあの世に帰りし後に、神より明かされ、知らされん。

なれば今考えるも無駄。考える間に行動せよ。

与えられし今日の命を、一瞬たりとも無駄にせず、

地球の平和と人の幸い、それのみ思いて、祈りて生きよ。

神の望まる明日の地球の、一日も早き実現を。

救われ共に高まる、地球の進化と共に超えなん。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこ 著書 「神から人へ(下)」より抜粋 
ひふみともこさんHP http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/