読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎自由の意味・命の使い方について◎

 


神から人へ、人から神へ。世界の平和と進化を願い、人の御魂の

向上、昇華を、何より望み、何より祈らん。人の進化は日々遠く、

果て無き道の彼方の虹の、行けどもつかめぬ陽炎(かげろう)の如。

なれども神の、宇宙の真理は、進化の道を辿(たど)るもの。なれば

人は真理に沿いて、宇宙の摂理に外(はず)るなよ。宇宙の声に導かれ、

進化の栄(は)えを楽しめよ。さにて本日、自由の意味を解き示さん。

自由は本来なきものなり。人の自由は幻影・錯覚。人は宇宙の法則に、

生きる仕組みに縛られて、そこから離れし自由はあらず。

許さる自由は、ただひたすらに、神の道に目覚めし後に、いかに

己の命を捧げ、神に守らる生を楽しみ、豊かな命を讃えるかのみ。

己独りの勝手に生きる、自然を乱す自由はあらず。人の自由は進化の

歩みを、戻らず進み、逆らわず、許さるままの限りの中で、己の才能、

個性を見つけ、持てる力を伸ばすことのみ。なれば人は生ある間に、

なすべき行から逃げることなく、道の途中の難所を避けず、己の能力、

命の限りを、尽すか否かの選択のみ。何を選ぶか、求むるか。いかに

進むか、どこを目指すか。そもまた人にそれぞれの、自由な選択、

決断なれど、神の意を問い、自ら尋ね、自ら道を拓きつつ、

最後に達する峰こそは、努力の証しの、祝福とならん。神の栄光、

祝福を、身に受けて、あの世へ旅立つように、人は命を使うべし。

そこそが人の自由の生き方。真の自由の意味なるらん。さにて。

 

 


神の声を伝える人
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/