読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎老い・病気・死・命について◎

 

(老い、病気、死について)

老いも病も、生も死も、全ては同じ。神の御心。生を与えて禊(みそ)ぎを与え、

苦しき行にて悟らせん。死をば与えてこの世を終わらせ、あの世に禊ぎてまた

戻す。さにて人は、魂浄めて、無限の悟りを、気づきを得るよう、さなる御心、

仕組みなり。なれば人は神を恨まず、いかなる困難、病苦をも、喜び受けて

感謝せよ。さにて曇りも祓われて、ようやく一つの昇華(しょうげ)を果たさん。

なれば、老いにも意味のあり。人の成長、発達は、神の心に適うようにと、

仕組まれ、計られ、進めらる。

なれど、一つの終わりを設けて、人が無限の生に甘んじ、この世の行を怠らぬ

よう、人の心に鞭(むち)を当て、行の進みを急がする意図。なれば、無限の生を

与えらるるは、昇華も禊ぎも、苦しき思いも、不要となりし魂のみ。

自ずと全てが、神に近づき、考え、迷いも必要のなき、迷わぬ魂、それのみ

なれば。さなりて魂は老いもなく、時間を超越、自由無碍。時空を飛翔し、

囚われもなく、我が身を遊ばす、宇宙次元よ。なれば、真の昇華とは、執着迷妄、

全てを外し、今ある時間を無限に生きる、真の自由な境地をいうなり。そのとき

人に老いはなく、時間も止まらん。止まらず進まん。  

 

 

老いを恐れることなかれ。真の老いは肉体ならず。肉体老いなば目に見えて、

人は心し、備えもなさん。なれど恐れよ、真の老いを。真の老いは、魂の老い。

老いて衰え、波長も低まり、自ずと朽ちて、滅びゆく。さなる老いこそ恐れる

べけれ。魂若く、老いることなく、千年万年、生き長らえよ。神の恵みを喜ぶ

魂は、老いることなく、ますます栄えん。ますます勢い高まりて、この世を

動かす力を強めん。生きる力を取り戻せ。眠れる魂甦らせよ。低まりし魂、

波長を高めよ。さにて人は老いから離れて、永久の若さを手に入れなん。

なれど、誤り、間違うなかれよ。体の衰弱、衰えは、魂の老いと異なれり。

なれば、恐れよ、魂の老い。 

 

 

ことばを磨きて、高めゆかば、必ず体も甦るらん。汚きことばを使う 今の世。

若者老いて、老人の如。波動も低く、昇華を求めず。今の時間を流されて、

漂うのみの 哀れな魂よ。自ら気付きて、ことばを正せよ。働け、人よ、早急に。

神の手助け、そこから始めよ。神からの恩を忘れぬうちに、ことばの魂甦らせよ。 

真の老いは恐るとも、見える老いは恐るるなかれ。時間を止めるは人にはなせぬ。

時間を離れて、時間を生きよ。老いは、時間と無縁のものなり。時間の流れに

囚わるなかれ。心の自由な、闊達な、無邪気な魂に老いは無し。悩み、苦しみ、

迷い、疑い、さなる曇りを祓(はら)うが第一。 

 

 

(健康・命・食べ物などについて)

健康、命、生命を、維持する食物、神から人への賜り物なり。なれど、最も感謝

すべきは、神から頂く光とことば。それらなくして、人は生き得ず、子孫も

増やせず。何ら繁栄発展もなし。健康なるも、目には見えねど、光を頂き、

保たれん。ことばの恩恵、文字の恵みは、人の心を正し、浄めん。それなからば、

人はたやすく、命ありても、なき如し。生まれて老いて、生を終え、あの世に

戻りて、罪を測られ、その後、行とみ役を課せられ、再び行積み、浄められ、

さらなる精進昇華を許され、人は無限に繰り返さん。儚(はかな)く見えども、

さにあらず。人の生命、魂は、神の許しと恵みによりて、いかにも尊く輝きて、

さらにも感謝を深めざるなし。 

 

 

(健康を保つ秘訣をお教え下さい)

健康なるも、神の御心。病を与える、そも御心。いかに食べ物、運動などにて、

体を鍛え、気を配りても、ことば荒れ果て、荒みし心は、肉体汚して魂汚さん。

神は禊ぎて、気付かせんとして、病を与えて、改心促す。なれど、気づかぬ

弱さもやむなし。苦しく辛く、病みし体を、逃れて救われ、助かりたしと、

思うが当然、人間心。

気づき悟るべきは、己の罪と、残しし行なり。心のことなり。己の人への

思いの低さや、自ら律して高きを求める、尽きぬ努力と忍耐心。さらにも

感謝は忘れるべからず。 

 

 

(心が優しく、感謝に満ちても、なおかつ病気の人も多いのではないでしょうか)

それもまた、神の御心、恩愛なれば。人の健康、病気、怪我、すべては偽り、

表面なり。たとえ病に伏せても、真の魂には病いなければ。現象のみに目を

奪われて、囚わるなかれよ、目を閉じよ。健康のみがありがたからず。

病の内にも光はあるらん。神の光を見つけることこそ、病の意味なり。

ありがたさなり。人の健康、健やかさ、全ては神の心一つに。一度の病、

それのみにて、神の慈愛を悟りなば、神は与えん、不死の体を。なれど、そも

また、現界の、次元の目には、見えぬ世界よ。人には病も。老いもなく、

死さえもあらず。恐るるなかれ。今ある体を大切にして、神の恵みを喜び尊べ。

なれば、恐るな、避けんとすなよ。病も乗り越え、消せばよし。

己の概念、想念にて、いかなることも現象化せん。ただいたずらに健康を、

求める心の奥に潜める、己の恐れ、すなわち執着。執着積もりて、やがては病を、

自ら招き、人は老いなん。常永久の若さと健康、そを信じよ。忘れよ病を、

年齢を、そが秘訣なり、奥義なり。  

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/