読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ◎物質と金銭への執着を取れ◎

 

 

神から人へ。人から神へ。

互いの交信交流も、やがては全ての人々と、心を通じ、

魂にて、必ずつながり、結ばれなん。

その日、神との交信は、魂浄めし、高次の者なら、

よく伝わらん。交わらん。

なれど濁れる魂ならば、伝えることも伝わらず、

ただに空しき波動のみ。

或はまた、己の波長に合う者同士の、低く怪しき通信

ならん。よく心せよ。注意せよ。

低き波動に惑わさるるなよ。通信交信、危うきもの

なれ、よく磨かれし魂なりて、その後行い、

高めゆくべし。さにて、本日、問いは何なる。

 

 

(物質や金銭は、諸悪の根源でしょうか。

物質や金銭によって魂を浄めることは不可能なの

でしょうか)

さにあらず。物質、金銭、悪ならず。

人の心を貶むは、心の奥の我欲我執よ。

なれば心の清き者なら、物質金銭、悪ならず。

かえりて己の精進を、手伝うものなり。進める

ものなり。なれば悪を嫌うといいて、

物質金銭なくすに意味はなし。

人の肉体、物質なれば、物質なくば生は保てず。

なれば物質大切にせよ。物質愛し、感謝せよ。

なれど物質欲するのみにて、いくらありても

さらに求むる。さなる卑しき浅ましき、

我執の虜となるなかれ。

 

 

人は己の生を維持する、わずかのゆとりに満足し

ささやかな富を歓べよ。ただいたずらに物質増やし

独占するは我欲の奴隷。感謝もなくば喜びもなし。

ただ所有して、使いもせずに、資源を無駄にし、

環境壊す。さなる物質文明は、やがて滅びん。

壊滅せん。

今の誤り、狂いの素は、物質のみの価値判断。

物質なきは軽んじる。物質 所詮は道具なり。

利用し使うことにより、始めて価値を発揮せん。

持つことのみには価値もなし。 

 


なれど今の世、腐敗と退廃。物に使われ、心を

滅ぼし。神の望みは、感謝と喜び。

なれど金持ち、資産家たちは、感謝もなくて、

不足のみ。何故持つや。欲しがるや。

さらに増やして、何を得ん。

権力、名誉、地位、武力。やがては招かん。

戦争、滅亡。物質金銭、悪ならず。

なれど心の浄めのなくば、いつか人は自滅せん。

 


物質によりて魂磨く。そが生かさるることの意味。

人の生のある由縁ならずや。

魂のみの修行なら、想念ばかりで、悟りは難し。

なれど物質ある故に、喜び、満足、幸を知らん。

悟りも早く、感謝も易し。 肉体、持ちて、

感覚を得て、五感の満ち足る喜びを知る。

なれば感謝の意味も悟らん。

さにて感謝と優しさを、生あるうちに育みて、

魂浄めて帰るを待たん。

 


なれど今の世、現界は、感謝忘れし低次の世なり。

いずれは自ら滅びなん。なれど神の慈愛と情けよ。

救いてやりたし、気付かせたしと、この数年の、

警告戒告。

意味を汲み取り、目覚めよ、今こそ。

今を逃さば、全ては終わりぬ。さほどに危機は

迫りたり。今の荒みし人心と汚染破壊の自然環境。

増えゆくばかりの極悪犯罪。残虐凄惨極まれり。

世も末ならん。地獄と化せり。

人の正しき判断も、今の大方、望むも虚し。

低き方へと流されゆかん。互いに相手を傷つけ、

汚さん。

救いの教えも導きも、かえりて嘲笑、嘲られ。

悲しき世なり。光も消えん。

 

 

神の心に、希望はあらず。ただ嘆きのみ。

絶望ばかり。人の最期の努力に託さん。

今のままには救う能わず。救いてやりても同じこと。

人自らが改悛せずは、幾度救えど、繰り返さん。

真の賢者のことばを聞けよ。

愚かな学者に政治家たち、魂抜けし宗教家たち。

真の光を見出せよ。喜び輝く栄光手にせよ。

真の愛を手に入れたくば、自ら輝き光を放てよ。

人の愛のみ求むるになく、自ら与えて、投げ出せよ。

さにて磨かれ、曇りを落とし、汚れを祓わば、

光は増さん。内なる栄光、授からん。

 


人への献身。神への帰依。感謝と満ち足る豊かな心。

そのみが真の富ならん。物質にては適わぬ豊かさ。

なれど物質、そがあることより感謝の念も深まらん。

悪の元なる心の奥の、我欲我執に囚わるるなよ。

魂の扉を開きなば、光の続く道は拓けん。

光の道を歩めよ、子らよ。

迷える道の光に従い、素直になりて、執着離れ、

安らかなるまま、委ねるべけれ。

 

 


(神様の喜ばれるお金の使い方についてお教え

下さい)

では教えん。金は本来 神に捧げる、尊き真心、

忠誠心、帰依の心を示すためなり。

なれど人は誤りて、勝手な欲望、願望募らせ、

ただ己のみ、我欲のために、物を手に入れ、

増やすため、使うになくて、逆に使われ。

なれば人は道具をあやまち、自ら心を失いぬるを。

神へ捧げる真心を、金に奪われ、支配されぬる。

なれば、神は、心を失い、奴隷となりし哀れな

民を、救い、拾いて、 気付かせんため、

厳しき禊ぎを与えられき。なれど気付かず、

煩悩深め、かえりて増す執着迷妄。

 


真の富を知りも得せずに、つまらぬ物質財産に、

目をくらませし、世紀末。価値の判断、基準は

狂いぬ。

神の基準を遠ざかり、さらに狂いは進み行くのみ。

このまま乱れの正されざらば、この世は永久に

救われもせず。神の基準を手に入れよ。

さすれば必ず、正しく使わん。

神の喜ぶ金の使用は、己の欲望満たすになく、

人の幸せ増させるために、見返り報酬求むること

なく、人に捧げる思いやり。

さなる金銭、使いなば、神は喜び、さらに与えん。

なれど己の欲のため、己の所有、財産のため

人に与えること惜しみ、与えらるるをのみ望むは、

神は嫌いて、禊がんとさる。

気付けよ、金銭、物質の、儚さ、脆さ、危うさを。

やがては闘い、奪い合い。 目に見ゆ物には、

限りあらん。いつか必ず、限られし、物質資源の

取り合いならん。

 

 
人より多く、人より広く、地上を支配し、

独占せんと、愚かな考え、浅はかならずや。

地上の富に価値ありや。死して帰らん世界には、

物質金銭、役にも立たず。

なれば御霊を浄めんことをば、先ずは第一、

優先させよ。さなる基準に照らしなば、

自ずと分からん、正しき利用。神の喜ぶ使い方。

 

 


(金は本来神に捧げる心を表すためのものと

おっしゃいましたが、それはどういう意味なので

しょうか)

そは、始めのあり方。根本なり。金とはもともと

流通のため、人の公益、商業のため。

なれど真はさにあらず。

金とは本来、神へ供える、最も尊き心の表れ。

神社の賽銭、その名残なり。

金は納めて、神への感謝を、己の誠を捧げる証し。

なれば金銭物質を、人が占有、独占するは、

神への反逆、謀反と変わらず。

神より金銭尊ぶなれば、神への帰依とはほど遠し。

金銭ならずも、全ての物質、自然の富は、神の恵み。

人が平等、公平に、分かち合うこそ、神の本意なれ。

なれば少しの感謝も表し、神に示せよ、誠の献身。

お金を神と崇める逆行。神を信じぬ、狂いし信仰。

神の喜ぶ金のあり方、そは執着を取るために、

自ら禊ぐ者のみ可ならん。

執着深め、囚われ強め、ついには金の僕となり果つ。

さなる金銭、物質信仰、今の世界の未来を恐れよ。

 

 


(執着を取るような金銭の使い方とは、どのような

使い方でしょうか)

先ずは他人の喜び願い、人の不幸を救いてやれよ。

さなれど戒め、心せよ。

いかなるときにも、求むるなかれ。

物質金銭、見返りを。なれば心の囚われ外れ、

金銭使う真の喜び、金に換え得ぬ満足を得ん。

金銭離れて、執着も消え、心の束縛、呪縛も解けん。

さなりて心は自由とならん。

思い残すもなくなりて、真の価値の基準を手にせん。

人の心が立ち直りしとき、価値の基準が正されしとき、

人の心は神へと近づき、 自ずと行い、思いの全てが、

正しき方へと導かれなん。ことばも祈りも高まらん。

自ずと感謝も深まらん。さなる金銭、物質なれよ。

神の望まる あり方なれば。

 

 


(人に与えることが、その人の禊ぎを邪魔すること

にはなりませんか)

そもまたあらん。邪魔ともならん。なれど根本、

大本忘れるな。人の禊ぎは自分の禊ぎ。

人のみ禊がれ、苦しむになし。

自分も共に苦を分かつこと、そもまた己の禊ぎと

ならん。禊ぎは一人のものならず。

全ての人を禊ぐなれば、共に禊がれ高まらばよし。

救われし人も、感謝を高め、禊ぎも軽く清まり

ゆかん。なれば恐れず案ずるなかれ。

神の許さぬ恵みはなからん。

なれど金のみ頼るなよ。 金にて救わる限界知れよ。

金が救いの全てにあらず。ことばや祈りも、救いと

なるを。最も尊き救いとは、感謝を目覚ませ神に

気付かせ、この世に生きる真の意味を、

知れせてやること教えてやること。

なればあやまち、誤るなかれ。いつか陥る金銭信仰。

金の手軽さ、便利さに、頼りしことの、長年の罪。

よくよく禊げよ。賢く使えよ。反省忘れず、常に

正せよ。さにて。

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP http://wa-hifumi.info/