読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎日本のことば・日本人のお役目とは◎

 

 

日本とは、世界の中心、世界の始め。

なれば日本の国民は、神に使われ働く民なり。言霊清くも美しく、

神のことばに最も近く、さらにも神に近き姿に、人は作られ、似せられき。

なれば神の世、神と人とを、つなげる役も み役なりき。そして今の世、

神と人とは、離れて分けられ、遠ざけられど、さにても使わる言霊は、

神のことばにさも近く。なれば今でも通信も、心の交流、ことばの交信、

他の国より易く行う。なれば今の世、日本のなすべき み役の一つは、

世の立て直しと、さなる後の世、人を救い、導きゆくが、次なるみ役。

神のことばを人に伝えて、人の魂浄める手伝い。地をも自然も、浄め直して、

神の降り立つ場所を浄めて、神との出会いの備えを行う、そもまたみ役の、

ありがたきかな。

また行うは、人の魂、迷える魂導きて、神との縁を結べるように、神と人とを

つなぐも み役。かくなる尊きみ役なれば、さらにも魂浄めあげなん。 

 

 

他の国々乱れおるも、全てがことばの乱れから。正しきことばは失われ、

神のことばは忘れられ、ことばは混じりて乱れ合い、他国の侵入侵略により、

元あることばは汚されて、乱れしままにて使われおるなり。

元の国語を正しく使い、音も正して文法直さば、先ずは国情、穏やかならん。

戦争紛争、終わらぬも、ことばを正して使いなば、必ずもめごと治まりて、

ことばを越えし絆も生まれん。立て替え直しのその後には、新たなことばも

生まれ出なん。なれども此度も日本のことばは、残され直され、用いられん。

世界のことばを一つにするは、いとも易しきことなれど、先ずは元ある国々の、

ことばも残して使われなん。さにて世界は繁栄し、文化文明、違いも生まれて、

さらなる発展進歩もあるらん。

 

 

全てが同じを、神は好まぬ。神のことばは人は使えず。なれどもいずれの

ことばにも、必ず言霊宿るなれば、いずれのことばも尊き神の、

ご意図を汲みて使うがよけれ。神のことばは忘れられども、ことばの奥には

必ず神の、眠れる命も育まるる。

なればこそ、大立て替え直しの祈願成就は、ことばの浄めの終わりをもちて、

一つの節目を迎えなん。なれば人はそれぞれ努力。神の手伝い行えるよう、

先ずはことばを先に浄めよ。その後神は、ことばをもちて、日本のみ役を

示し明かさん。 日本は古代の、神世のころより、神に使われ続けし民なり。

神のことばを使いし民なり。そのことしかと肚に納めよ。 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書 「神から人へ(下)」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/