読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真理の御霊」

最後の審判(次元上昇)を超えるために1999年からひふみともこさんに下ろされている神示をお伝えします

神から人へ ◎言霊・この世はことばで創られた◎

神から人へ ◎言霊・この世はことばで創られた◎    

 

 

言霊というは、ことばの魂。ことばの内奥にこめられたる、ことばの

命と祈りなり。神はことばの一つ一つに、神の祈りをこめられたれば、

ことばを発することにて祈りは叶い、願いは起こりて実現せん。

ことばは音霊にて、音の波動がことを起こし、音の波動が伝わり

広がる。

ことばは、この世を創り、この世を起こして整え来たれり。

ことのは、ことば、全てに神の命を、祈りを思えよ。ことばを発する

そのたびに、神に感謝し、慎(つつし)めよ。おろそかに、ことばを発して

汚すなかれ。神の祈りのこもれることばと、一つ一つの音の奥底、

眠れる神の力を秘めて、奇跡も望みも、全てが起こらん。

 

 

 

神への感謝はことばの感謝。感謝を捧ぐは祈りの高め。清々しく

濁りなきよう、心を澄まし明るき境地で、声高らかに。朗々と詠め。

宜(の)り上げよ。静かに、ゆったり、息整えて、心地よきよう、

伸びやかに、おおらかなれよ。安らかなれ。

祈りは本来、神から人への、神の心の現れなれば、人から神への祈りは

常に、神への感謝、それのみなるべし。 人から神への今の祈りは、

人の勝手な願い事、祈願成就のそれのみなれば、神も聞き入れ受け入れ

難し。己の努力を惜しまずに、己の持てる力の全てで、神のご意図に

添うことを、し尽くし果たしてその後に、神の審判下さるを待つ。

全てをゆだねる帰依の気持ちを、素直に表す、そが祈り。

ことの始めに最初に願い、神の助け求むるは、元の祈りと異なれり。

人の無邪気な願望なれば、神も微笑み、叶えられん。なれど願いの

適(かな)いしその後には、必ず浄めよ、感謝捧げよ。全てが神の恵み

なれば、そのとき一時の感謝にあらず、長く離れず神に仕えよ。

日に一度は神への感謝を。真の祈りを捧げよ、日々に。人の幸せ、

平和を願え。己の今ある全てに感謝し、さらに禊(みそ)ぎを求めて働け。 

 

 

 

音霊、始めにことばのありき。なれば言霊、そも同じ。音の魂、

秘めし力は、この世を浄め動かすことなれ、この世の生きとし生ける

全てを、さらに浄めてゆく力なり。なれど、今この世に今溢れるるは、

乱れしことばの音なれば、この世の乱れを進め増やして、かえりて

乱れを広げゆくなり。なれば、ことばの清き音にて、この世を浄めて

高めぬるよう、まずは正せよ。発音、発声。

いかに乱れしことばなれども、音の一つも直してゆかば、必ず

浄まり澄みゆきなんを。汚きことばと発音ならば、心の汚れも増やし

増すのみ。全てのことばの持つ音を、正しく唱えよ、発すべし。

 

 

 

(ことばがこの世を浄めるとは)

ことばがこの世を浄めるとは、ことばそのもの、元に潜めし、

ことばの霊力、そを意味するものなり。なれど、霊力、神の力は、

昔の古代のことばのみなれ、今の人の世、流通するは、かつての力は

備えておらず。なれど今にも残りてあるが、ことばの浄めの霊力なり。

人の心の汚れや、魂の奥底、内に忍ぶ、邪欲邪神を洗い出すなり。

汚れや曇りを祓(はら)うものなれ、目に見え清らにならずとも、

必ず心の暗さも照らされ、明るき直き心となるらん。

なれば、ことばは、まずは人へ。人の心を浄めゆくもの。

さなりて心は浄められ、狂いを正され、高まりて、やがては現象、

事物に及び、広がりゆくなり。伝わりゆかん。心の浄めは、

目に見えずとも、神の目には明らか。手に取るように、表るものなれ。

人はごまかし、繕うなかれ。

さにて姑息な虚飾、虚栄を、祓い浄めよ。元の国語を正しく使い、

音も正して、文法直さば、先ずは国情 穏やかならん。

戦争紛争、終わらぬも、ことばを正して使いなば、必ずもめごと

治まりて、ことばを越えし絆も生まれん。

敬虔なれよ。神のみ業に近づきぬるも、己の目には映ることなし。

まずは、人との交流により、魂磨かれ、高まりゆかん。そを取り持つも

ことばなり。清きことばの使い手は、自ずと集まり、力合わせん。

なれど、ことばの卑しき者も、自ずと集まり、出会わされん。

さにて悪しきことばは広がり、人心荒れて、荒みゆくなり。

この世の荒廃、心の退廃、全て悲しきこの世の定めか。神もあきらめ、

嘆かれぬれど、今再びの、最期の機会。人の再生、ことばの復活、

心の浄化を。魂芽生えて気づきぬれば、後は自ずと仕組みが働き、

浄めを進めて、神を助けん。人の心の意思に適わぬ、神のご意思は

絶対なれば。

 

 

 

神の慈愛を受けし恵みよ。ことばも文字も、音霊も。音の発声、

一つ一つを心し感謝し、発すればよし。神への思いを高めることも。

自ずとことばに表われゆかん。ことばの意味の違いによらず、

伝える真理は一つなり。普遍真理を体現する者、これから神を伝える

者は、必ず浄めよ、神の恵みを。神の慈愛に触れたくば、神の与えし

ことばに触れよ。神の恵みの明らかなれば、人は自ずと感謝も高めて、

命の波動も高まりゆかん。さにて声の音、発音も、清き力を周囲に

広げて、人と人との間のこだわり、境もなくなり、和してゆき

なん。音の魂、神の祈りを、素直に映せよ。表せよ。

 

 

 

易しきこともつまらぬことも、一つ一つを明らかにせよ。この世を

立て替え直されし後、人の心の支えとなるよう、お役に立つよう、

貢献するよう。神と人との協力を強めて、幸ある世界を実現せんよう。

理想を高め、夢を持て。低き思いに留まるなかれ。

人の一生、百年足らず。さなる短き時間に終わらぬ滅びぬ教えを、

残せよ、人よ。人の再生、この世の再建。夢は大きく、高くあれ。

夢は夢にて、夢にあらず。必ず叶い実現せんを。

次なる世にも、必ずや、再会せんよう、縁を結ばん。この世の再建

復興に、よく働けよ、力を注げ。離れずまとまれ、一つとなれよ。

同じ運命、定めの者よ。乗り遅るなよ、船は出ん。一人の遅れも

なきように、神は祈りて、出発待たる。愛しき子らの生還を、

それのみ願いて、神から人へ、祈りを下ろさん、手紙を届けん。

必ず読めよ、伝えてゆけよ。行く先々の港にて、神を求める人を乗せ、

増やしてゆけよ、種人を。

 

 

 

 

神の声を伝える人
ひふみともこさん著書  「神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の 御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/